農POフィルムハウスの環境制御と微気象特性の把握

農POフィルムハウスの環境制御と微気象特性の把握

課題番号1994000702
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間新H05〜H08
年度1994
研究問題農業生態系の構成要素の動態・相互作用の解明と制御技術の開発
大課題物質循環及びエネルギー動態の解明と制御技術の開発
中課題物質循環とエネルギーフローの制御技術の開発
小課題農POフィルムハウスの環境制御と微気象特性の把握
摘要ポリオレフィン系のハウス被覆資材(農PO)は、フィルム処理が容易で耐久性に優れることから、省力化に優れると共に、農業環境や大気環境の保全上有望な資材である。その微気象的な特性は十分に明らかにされていないので、実用規模のハウスを供試してハウス内の気温、湿度、日射強度、霧の指標として浮遊水分量などの微気象特性と栽培作物への影響を調べた。ハウス内気温や湿度、浮遊水分量などは、農PO間でも差異があること、被覆直後の日射透過量は農ビに比べて若干劣ることがわかった。しかし、農ビの日射透過量は経時的劣化が著しく、長期的に比較する必要がある。農ビに比べて農POは内部の湿度を低く制御できることがわかった。
研究分担環境資源・気象特性研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043826
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat