各種データによる農業環境資源の動態解明手法の開発(160)

各種データによる農業環境資源の動態解明手法の開発(160)

課題番号1994000704
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
他機関技会;筑波事務所
研究期間延H01〜H06
年度1994
研究問題農業生態系の総合的管理技術の開発
大課題農業生態系に関する情報の収集・解析・処理システムの開発
中課題農業生態系に係わる情報の計測手法の開発
小課題各種データによる農業環境資源の動態解明手法の開発(160)
摘要NOAA/AVHRRデータから作成した1991年4月から1992年3月までの1月毎の日本とその周辺の正規化植生指数(NDVI)データセットを利用し、日本の農業地帯の農業特性の時系列解析を行った。本州中央部の日本海沿岸部および日本北部の水田地帯は、夏季に最大のNDVIをとり冬季は非常に低い値であった。これに対して本州中央部の宇都宮市周辺のNDVIは、野菜作のため4月から9月まで直線的に上昇し、指数的な増加は認められなかった。同じ本州中央部の濃尾は、2毛作が可能な地帯であり、西南日本の水田地帯と北日本の単作地帯の中間のパターンとなった。西南日本では、2毛作地帯であり、4・5月と8・9月にピークを持つ2山型となった。最近、MOSデータの利用が容易になったので一年間延長して、MOS/MESSRデータ等の利用を検討する。
研究分担環境管理・隔測研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043828
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat