草地のリモートセンシング活用手法確立調査−根釧−(167)

草地のリモートセンシング活用手法確立調査−根釧−(167)

課題番号1994000711
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
他機関技会;筑波事務所
研究期間完H03〜H05
年度1994
研究問題農業生態系の総合的管理技術の開発
大課題農業生態系に関する情報の収集・解析・処理システムの開発
中課題農業生態系に係わる情報の計測手法の開発
小課題草地のリモートセンシング活用手法確立調査−根釧−(167)
摘要衛星データを利用して、更新中の草地を検出し、それらを重ねることにより、草地造成・更新後の経年数を明らかにする手法を開発した。また、それを利用して、衛星データ上での草地の時系列変化を把握した。その結果、経年数が少ない程、草地の近赤外、中間赤外の反射が増加する傾向が複数のデータで認められた。また、草種構成別に衛星データ特性を調べた結果、アカクローバー等のマメ科牧草の割合が多い草地は近赤外、中間赤外の反射が高く観測された。これらの結果から、衛星データには草種構成が反映されており、草地管理に衛星リモートセンシングが有効であることが示された。
研究分担環境管理・隔測研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043835
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat