農業生産と農業環境に果たす農用林等植生の機能の解析と評価−空間的相互作用に基づく生物保持機能の評価手法(196)

農業生産と農業環境に果たす農用林等植生の機能の解析と評価−空間的相互作用に基づく生物保持機能の評価手法(196)

課題番号1994000738
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間完S62〜H05
年度1994
研究問題農業生態系の総合的管理技術の開発
大課題農業生態系の変動予測と総合的な評価法の開発
中課題農業生態系の構造の把握と機能の定量的評価法の開発
小課題農業生産と農業環境に果たす農用林等植生の機能の解析と評価−空間的相互作用に基づく生物保持機能の評価手法(196)
摘要農耕地・農用林・屋敷林等のモザイクからなる植生の配置が、農村地域の生物相維持に果たす役割およびその評価の視点を明らかにしようとした。屋敷林(自然林構成要素)、農用林(二次林構成要素)、農耕地(二次遷移初期の構成要素)が相互に種子供給を行えるような配置であることが、多様な植物相を維持するする上で重要であること、植生配置と動物の分布パタンが一定の対応関係をもち、「農地−二次林域」に類型される農村の植生配置が多様な動物群を支える役割をもつこと、などを示した。また、移動能力の低い種を対象に、移動に係わる要因を組み込んだ分布・消長に関するモデルを作成し、生物保持機能評価手法について検討した。
研究分担環境管理・植生動態研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043862
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat