植物群落の多様性と侵入雑草の生育型戦術(199)

植物群落の多様性と侵入雑草の生育型戦術(199)

課題番号1994000741
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間継H05〜H10
年度1994
研究問題農業生態系の総合的管理技術の開発
大課題農業生態系の変動予測と総合的な評価法の開発
中課題農業生態系の構造の把握と機能の定量的評価法の開発
小課題植物群落の多様性と侵入雑草の生育型戦術(199)
摘要生育環境による雑草の生育型変化を類型化して合理的な雑草管理を行うため、光環境要因のうち、特に緑陰透過光に対する可塑性に注目し、その適応的意義について検討を行った。光量(相対照度;RLI)及び光質(R/FR値)を変化させた以下の3処理区を試作した。■対照区(RLI=100%、R/FR=1.83)、■寒冷紗区(RLI=6.7%、R/FR=1.69)、■フィルター区(RLI=6.3%、R/FR=0.22)。ツユクサを約45日間栽培した後、外部形態を測定し各器官への乾物分配率を求めた。その結果、低照度及び低R/FR値で示される劣悪な光環境下で生育するツユクサは、分枝を制限し、主茎へのエネルギー投資を増大して上方へ伸長することが判明した。
研究分担環境生物・保全植生研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043865
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat