耕地からの窒素、りん発生低減技術の開発(209)

耕地からの窒素、りん発生低減技術の開発(209)

課題番号1994000752
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間完H02〜H05
年度1994
研究問題農業生態系の総合的管理技術の開発
大課題農業生態系の総合的な管理計画法と管理技術の開発
中課題環境資源の総合的な保全・管理法の開発
小課題耕地からの窒素、りん発生低減技術の開発(209)
摘要肥料成分の溶脱防止技術を開発するため、農環研・畑圃場を使用して、夏作としてトウモロコシ、ナス、オクラ、冬作として白菜を栽培し、肥料の種類および施用量、マルチの有無が窒素の流出にどのように影響するかを4年間調査した。マルチ栽培は、収穫直後までの窒素溶脱を半減ないしそれ以上に低減出来るが、地下水位が地表面にまで上昇するような降雨があると溶脱量は急増すること、高畦(40cm)マルチ栽培は、降雨強度50mm/日までは畦間に湛水することもなく、この条件では畦高の違いによる溶脱量の差が小さいこと、及び降雨強度100mm/日前後の後には、畦高10cmのマルチに対して作土層硝酸イオン量の約1〜3割の溶脱量の低減が可能であることを明らかにした。
研究分担環境資源・水質保全研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043876
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat