農業生態系における大気汚染質の動態の解明と評価(221)

農業生態系における大気汚染質の動態の解明と評価(221)

課題番号1994000766
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間継S62〜H08
年度1994
研究問題地球環境の変化と農業生態系の相互関係の評価及び農業生態系管理技術の開発
大課題農業生産活動が地球環境に及ぼす影響の評価と農業生態系管理技術の開発
中課題農業生産活動が生態系変化に及ぼす影響の解明と評価
小課題農業生態系における大気汚染質の動態の解明と評価(221)
摘要茨城県農業総合センター農業研究所水田利用研究室(竜ヶ崎市)の水田圃場で、1993年5月から9月までの水稲栽培期間中、圃場を常時湛水区と現地の慣行水管理区の2区に分けて、それぞれの区に自動開閉チャンバーを1台ずつ設置し、水田からのメタンフラックスを自動連続測定システムにより測定した。水稲栽培期間中のメタン総発生量は、常時湛水区および慣行水管理区で、それぞれ、9.5および5.2gCH4/m2であり、後者の区からの発生量は前者の区からの約55%であった。今回と過去2年間の結果から、水田からのメタン発生に及ぼす水管理の影響は非常に大きく、日本で通常実施されている水管理方法は、メタン発生量を非常に抑制できることが明らかになった。
研究分担環境管理・影響調査研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043890
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat