降水の酸性化予測と生態系影響評価手法の開発(237)

降水の酸性化予測と生態系影響評価手法の開発(237)

課題番号1994000779
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間継H01〜H10
年度1994
研究問題地球環境の変化と農業生態系の相互関係の評価及び農業生態系管理技術の開発
大課題地球環境の変化が農業生態系に及ぼす影響の評価と適応技術の開発
中課題地球環境変化が環境資源に及ぼす影響の解明
小課題降水の酸性化予測と生態系影響評価手法の開発(237)
摘要筑波地区5地点における降雨の化学的性状に関するモニタリングを継続するとともに、5年度は既往の資料を活用して、東アジアにおける筑波の雨の位置付け、及び環境庁を中心にして実施されたこれまでの測定法の整理を行った。その結果、大都会東京の影響を強くは受けていない筑波地区で7年間一貫して一日単位・ろ過方式で得られた分析値は、東アジアの酸性雨モニタリングネットワークにおいて、貴重な時系列データを提供することを確信した。
研究分担環境資源・水質特性研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043903
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat