向神経性ウイルス遺伝子の構造解析(122)

向神経性ウイルス遺伝子の構造解析(122)

課題番号1994003611
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間完H04〜H05
年度1994
研究問題病原微生物等の特性及び生態の解明
大課題病原微生物,寄生虫及び衛生害虫等の特性の解明
中課題生物学的及び物理学的特性の解明
小課題向神経性ウイルス遺伝子の構造解析(122)
摘要豚のオーエスキー病ウイルスの早初期(IE)遺伝子の機能解析を目的に、同遺伝子欠失ウイルスを作出した。まず、IE遺伝子を単離し、トランスフェクションによりIE蛋白質発現細胞を作出した。ついで、IE遺伝子欠失ウイルスの作出に必要なトランスファーベクターを構築し、IE発現細胞中における相同組換えによりIE遺伝子欠失ウイルスを作出した。トランスファーベクターはIE遺伝子領域に大腸菌のβ−gal伝子が挿入されるよう設計し、欠失ウイルスの選別マーカーとした。欠失ウイルスはIE180発現細胞では野外株と同様の増殖性を示したが、通常の細胞では増殖しなかった。しかし、細胞種によって程度の差異は認められたが、すべての細胞でβ−galの産生が認められ、IE遺伝子プロモーターの活性化が確認された。本課題は計画通りの成果があったので完了とし、残された課題はバイテク研究[動物ゲノム]の中で発展させる。
研究分担研二・ウイ2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043935
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat