鶏伝染性気管支炎ウイルスの抗原性の検討

鶏伝染性気管支炎ウイルスの抗原性の検討

課題番号1994003615
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間新H06〜H08
年度1994
研究問題病原微生物等の特性及び生態の解明
大課題病原微生物,寄生虫及び衛生害虫等の特性の解明
中課題免疫学的特性の解明
小課題鶏伝染性気管支炎ウイルスの抗原性の検討
摘要鶏伝染性気管支炎は、予防対策として多くのワクチンが多用されているが依然として流行を繰り返している。この要因の一つとして抗原性状の変異が考えられる。そこで、最近の流行株の分離及び血清学的性状の検討(6年度)、分離株に対する単クローン抗体の作製及びその性状の解析(7年度)、単クローン抗体を用いた最近の流行野外株及び既知株の抗原性状の解析(8年度)について研究する。本研究により、既知株及び最近の流行野外株の抗原性状が明らかになり、ワクチンによる予防対策の確立に有効な情報を与える。また、将来流行が予測される変異株に対しても迅速な同定が可能となる。
研究分担研二・ウイ4研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043939
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat