分子生物学的手法による病原性原虫の動態解明及び排除技術の確立

分子生物学的手法による病原性原虫の動態解明及び排除技術の確立

課題番号1994003639
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間新H06〜H08
年度1994
研究問題病原微生物等の特性及び生態の解明
大課題病原微生物,寄生虫及び衛生害虫等の生態の解明
中課題自然界における存続様式の解明
小課題分子生物学的手法による病原性原虫の動態解明及び排除技術の確立
摘要有機資材製造過程における原虫の動態を明らかにすることを目的として、種や薬剤耐性株の同定をDNAレベルで迅速・簡便に把握する技術を確立する。次いで、これらの成果に立脚した安価で効率的な病原性原虫の殺滅・弱毒化技術を開発することによって、人畜に衛生面から問題がなく安全な有機資材の生産・利用に資する。
研究分担研一・原虫1研原虫2研細菌2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043963
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat