鶏ロイコチトゾーン症の細胞性免疫の検討(54)

鶏ロイコチトゾーン症の細胞性免疫の検討(54)

課題番号1994003656
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間完H02〜H05
年度1994
研究問題感染に対する生体反応の解明
大課題感染・発症に伴う生体の変化の解明
中課題免疫応答の解明
小課題鶏ロイコチトゾーン症の細胞性免疫の検討(54)
摘要ロイコチトゾーン感染後のT細胞レセプター(TCR)としてγδ鎖(TCR1)及びαβ鎖(TCR2)を持つ細胞の変動をみた。その結果、感染後21日にTCR1陽性細胞が有意に増加していた。また、抗原分子の探索のためシゾント抗原の解析を熱ショック蛋白質(HSP)に対するモノクローナル抗体を用いてウエスタンブロッティング法で調べた。その結果、HSP70では64kDa付近に、HSP90では55kDa付近に強い反応が見られた。しかし、HSP70に対する感染鶏のリンパ球増殖反応はみられなかった。さらに、鶏の系統による感受性の違いについてPDL−1、P2、15I、P、Vの5系統の鶏を用いて調べた。その結果、抗体産生での差はみられなかったがメロゾイト寄生率が15I系で有意に少なかった。
研究分担研一・原虫2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043980
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat