鶏の原虫感染症における細胞性免疫機能の制御機構の解明

鶏の原虫感染症における細胞性免疫機能の制御機構の解明

課題番号1994003660
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間新H06〜H09
年度1994
研究問題感染に対する生体反応の解明
大課題感染・発症に伴う生体の変化の解明
中課題免疫応答の解明
小課題鶏の原虫感染症における細胞性免疫機能の制御機構の解明
摘要鶏の原虫感染症における細胞性免疫系の制御機構を解明することにより、鶏の原虫感染症に対する新しい予防技術の開発を計る。そこで、まず各種リンパ球サブセット欠損鶏の作出を行い(6年度)、そのリンパ球サブセット欠損鶏へLeucocytozoon caulleryiを感染させ、感染防御に関与する細胞の特定を図る(7年度)。次に、感染と発病に関与するサイトカインの解明を行う(8年度)と共に、感染防御抗原の解明を防御免疫担当細胞と関連させて行う(9年度)。6年度は、各種リンパ球サブセットの細胞表面抗原に対するモノクローナル抗体を大量作製し、その抗体をヒナに頻回注射して、細胞の欠損状態と欠損持続期間を把握する。
研究分担研一・原虫2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043984
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat