家畜腫瘍の超微形態学的、免疫組織化学的研究(150)

家畜腫瘍の超微形態学的、免疫組織化学的研究(150)

課題番号1994003663
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間継H05〜H07
年度1994
研究問題感染に対する生体反応の解明
大課題感染・発症に伴う生体の変化の解明
中課題腫瘍化機構の解明
小課題家畜腫瘍の超微形態学的、免疫組織化学的研究(150)
摘要大動物腫瘍における種差の存在を証明し、腫瘍免疫や細胞の分化の理解につなげることを目的として、免疫組織化学的、超微形態学的検討を行った。牛の卵巣腫瘍の検討では、輪状細管を伴う性索腫瘍の特徴を明らかにし、人でも稀なこの腫瘍が顆粒膜細胞由来であることを示唆した。牛と豚の脾臓腫瘍を観察したところ、牛では組織球起源、豚では細網細胞起源であることがわかり、大動物でははじめての報告であり、免疫担当細胞の腫瘍として重要な症例と思われた。今後、酵素抗体法と電顕を駆使し、いくつかの腫瘍シリーズの形態およびマーカーを調査し、人、動物間で比較する。
研究分担北海道・4研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030043987
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat