薬剤耐性等のマーカーを用いた形質転換ES細胞の選択培養法の開発(116)

薬剤耐性等のマーカーを用いた形質転換ES細胞の選択培養法の開発(116)

課題番号1994003684
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間完H03〜H05
年度1994
研究問題生体防御機構の解明
大課題疾患モデル動物の開発
中課題抗病性関連遺伝子利用技術の開発
小課題薬剤耐性等のマーカーを用いた形質転換ES細胞の選択培養法の開発(116)
摘要ネオマイシン耐性を示標として腫瘍壊死因子(TNFα)遺伝子に相同組み替えをおこした形質転換ES細胞を選択した。これらの細胞からDNAを抽出し、サザンハイブリダイゼーション法により遺伝子の導入を検出したところ、相同組み替えに特有なバンドが検出された。すなわちES細胞に遺伝子を導入し、薬剤耐性をマーカーとして形質転換ES細胞を選択し、それらES細胞における遺伝子導入を確認する一連の技術が整備された。
研究分担飼料安全生体防御・生物物理研慢性毒性研免疫遺伝研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044008
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat