遺伝子組換え等により発現される蛋白質等の免疫電子顕微鏡による検出法の開発(151)

遺伝子組換え等により発現される蛋白質等の免疫電子顕微鏡による検出法の開発(151)

課題番号1994003711
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間継H05〜H07
年度1994
研究問題感染症の診断及び防除技術の確立と疫学手法の開発
大課題総合的診断技術の確立
中課題臨床病理学的診断法の確立
小課題遺伝子組換え等により発現される蛋白質等の免疫電子顕微鏡による検出法の開発(151)
摘要5年度は牛の大腸菌ワクチン内に入っている線毛抗原(31A、FY、K99)に対する抗血清を用いて、ワクチン内の線毛抗原を、免疫電顕的に検出した。31A、FY、K99の線毛抗原を混入した大腸菌ワクチン試料をコロジオン膜を張ったメッシュに乗せ、各抗原に対するポリクローナル抗体を反応させた。その後、プロテインA金を免疫グロブリンに付着させ、酢酸ウランで染色後電子顕微鏡観察した。金粒子は菌体に付着した線毛に沿って、あるいは離断した線毛に沿って検出された。アカバネ病ウイルスのヌクレオカプシドN6蛋白質に対するモノクローナル抗体、及びオーエスキー病ウイルスに対するポリクローナル抗体を用いた、post−embedding法による抗原検出は成功しなかった。
研究分担企連総合診断・衛生検査病理診断研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044035
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat