牛のピロプラズマ病のDNA診断技術の開発(54)

牛のピロプラズマ病のDNA診断技術の開発(54)

課題番号1994003715
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間継H05〜H06
年度1994
研究問題感染症の診断及び防除技術の確立と疫学手法の開発
大課題新しい生物学的製剤の開発
中課題生物学的製剤開発のための基盤技術の確立
小課題牛のピロプラズマ病のDNA診断技術の開発(54)
摘要B.ovata(三宅株)のゲノムDNAライブラリーを作製し、BOZAP6(3.6kb)およびBOZAP7(5.0kb)の2種類のゲノムDNAクローンを得た。これらは、他の牛寄生性原虫やリケッチアならびに牛白血球のDNAとは反応せず、それぞれ62pgおよび125pgのB.ovataDNAを検出可能であった。このことから、今回選択されたゲノムDNAクローンは、ともにB.ovataに特異的な反復配列のクローンである可能性があり、本原虫の鑑別診断用プローブとして有用であることが示唆された。
研究分担研一・原虫1研細菌2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044039
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat