微生物由来生理活性物質による幼若家畜の免疫機構の増強技術の開発(17)

微生物由来生理活性物質による幼若家畜の免疫機構の増強技術の開発(17)

課題番号1994003721
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間完H03〜H05
年度1994
研究問題感染症の診断及び防除技術の確立と疫学手法の開発
大課題新しい生物学的製剤の開発
中課題診断及び予防液の開発
小課題微生物由来生理活性物質による幼若家畜の免疫機構の増強技術の開発(17)
摘要黄色ブドウ球菌由来のスーパー抗原は牛のT細胞を強く刺激し、IL−2の産生を促進し、それによってT細胞は猛烈に増殖を開始する。ついで、T細胞からはIFNγがマクロファージからはTNFαが大量に産生される。それらのサイトカインは好中球やマクロファージなどの防御細胞を活性化し、病原微生物の細胞内殺菌を顕著の増強する。したがって、スーパー抗原は牛の生体防御能の増強物質(BRM)候補として今後検討する価値がある。一方、スーパー抗原陽性の黄色ブドウ球菌は牛の乳房炎から高頻度に分離されることを明らかにしたが、スーパー抗原によるサイトカインの異常産生の誘発と炎症反応の誘起が乳房炎を惹起するという新しい免疫病理論を提起した。
研究分担製剤・生理活性研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044045
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat