IHNVコンポーネントワクチンの試作(55)

IHNVコンポーネントワクチンの試作(55)

課題番号1994003728
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
他機関病理・免疫研[養殖研]【中西照幸】
研究期間継H05〜H07
年度1994
研究問題感染症の診断及び防除技術の確立と疫学手法の開発
大課題新しい生物学的製剤の開発
中課題診断及び予防液の開発
小課題IHNVコンポーネントワクチンの試作(55)
摘要IHNV野外株を収集し、それらのウイルスの増殖に最適な細胞を選択するとともに、増殖性及び免疫原性を検討した。IHNVは魚由来株化細胞であるCHSE−214、RTG−2、FHM及びえPC細胞のいずれの細胞でも増殖し、CPEを示した。ウイルス価はCHSE細胞で最も高く8.75logTCID50/mlであり、次いでRIG、EPC、FHMの順であった。哺乳動物由来株化細胞4種ではいずれも増殖は認められなかった。山梨県等3県で養殖されているニジマス等から分離された19株では山梨県のニジマスから分離されたIHVY−2株の増殖性が最も良く、8.5logTCID50/mlであった。本株を含む5株を用いてモルモットでの免疫原性を調べた。その結果、ウイルス液のみの接種では2回接種後も中和抗体は検出されなかった。6年度は他の実験動物による高度免疫血清の作製、抗原量及び免疫原性の測定法について検討する。
研究分担企連製剤・ウイ製剤研衛生検査製剤工学研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044052
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat