ウサギ等における遺伝子導入動物の作出に関する研究(15)

ウサギ等における遺伝子導入動物の作出に関する研究(15)

課題番号1994000821
研究機関名畜産試験場(畜試)
研究期間完H03〜H05
年度1994
研究問題家畜・家禽等の生物機能の遺伝的解明とその育種技術への応用
大課題家畜・家禽等の高品質系統作出技術の開発
中課題生物工学的手法を用いた育種技術の開発
小課題ウサギ等における遺伝子導入動物の作出に関する研究(15)
摘要家畜のモデル動物としてウサギを用い、乳汁中に有用物質を産生する遺伝子導入動物の作出を目的として行った。5年度は、ウサギβ−カゼイン遺伝子の発現調節領域に接続したヒトβ−LH遺伝子をウサギ受精卵に導入し、これらの卵子から遺伝子導入動物の作出を試みた。遺伝子を導入した卵子を移植した雌の分娩は高率(89〜100%)に起こったが、産子生産率は移植卵子数の25〜26%に留まった。合計90頭の子が得られ、その内の6頭(7%)が導入遺伝子が組み込まれた遺伝子導入動物であった。遺伝子の導入効率を高めるため、10倍濃度の遺伝子の導入を試みたが、最終的な遺伝子導入動物作出効率に影響を及ぼさなかった。
研究分担繁殖・細胞操作研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044127
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat