鳥類胚生殖細胞の発生工学的操作技術の開発

鳥類胚生殖細胞の発生工学的操作技術の開発

課題番号1994000833
研究機関名畜産試験場(畜試)
研究期間新H06〜H08
年度1994
研究問題家畜・家禽等の生物機能の遺伝的解明とその育種技術への応用
大課題家畜・家禽等の高品質系統作出技術の開発
中課題生物工学的手法を用いた育種技術の開発
小課題鳥類胚生殖細胞の発生工学的操作技術の開発
摘要鳥類であるニワトリは、胚の観察が容易であるため発生・分化の研究に多く用いられているが、効率的な遺伝子導入法がないことから、外来遺伝子をニワトリ個体に導入できる実験系の開発が必要とされている。始原生殖細胞は発生に伴い卵子や精子に分化する細胞であり、生殖系列の操作には最も適した細胞である。本研究では、始原生殖細胞を利用してニワトリの生殖系列に外来遺伝子を導入し、効率的に形質転換ニワトリを作出する技術の開発をめざす。
研究分担育種・育種資源研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044139
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat