性の発現制御技術の開発

性の発現制御技術の開発

課題番号1994000834
研究機関名畜産試験場(畜試)
研究期間新H06〜H12
年度1994
研究問題家畜・家禽等の生物機能の遺伝的解明とその育種技術への応用
大課題家畜・家禽等の高品質系統作出技術の開発
中課題生物工学的手法を用いた育種技術の開発
小課題性の発現制御技術の開発
摘要ニワトリにおいて、遺伝的に雄(ZZ)である個体の表現型を雌にしてZ染色体をもつ卵子のみを生産するようにし、また遺伝的には雌(ZW)である個体の表現型を雄にして、Z染色体をもつ精子と通常では存在しないW染色体をもつ精子を生産できれば、後代における雄と雌の比率を変えることが可能となる。このための基礎的知見を得ることを目的とする。マーカー遺伝子をもつ細胞を得るためにマーカー遺伝子を導入されたニワトリ個体を作出するとともに、細胞の移植技術を利用してドナー細胞とレシピエント胚の性が異なった場合のドナー細胞の消長を明らかにする。
研究分担育種・育種資源研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044140
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat