豚の慢性病に対する抵抗性の育種法の検討(31)

豚の慢性病に対する抵抗性の育種法の検討(31)

課題番号1994000846
研究機関名畜産試験場(畜試)
研究期間完H03〜H05
年度1994
研究問題家畜・家禽等の生物機能の遺伝的解明とその育種技術への応用
大課題家畜・家禽等の高品質系統作出技術の開発
中課題高品質系統作出のための育種計画の構築
小課題豚の慢性病に対する抵抗性の育種法の検討(31)
摘要慢性病にかかりにくく、ワクチンの効果が大きく、治療に要する薬品の量が少なくてすむ豚群を育種する方法についての情報を得るために、マウスを用いた基礎実験と豚を用いた応用実験を行った。4つのマウス系統でBCGに対する感受性を調べた結果、細胞性免疫能と抗体産生能の両方で系統間差が認められ、感受性についての選抜の可能性が示された。また豚における羊赤血球の皮内注射による反応は雌の方が去勢よりも強く、さらに品種による違いが認められた。本研究により、養豚における慢性病の抵抗性に関する育種法の有益な基礎知見が得られた。
研究分担育種・育種2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044152
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat