胚ー母体間の妊娠認識に関わるサイトカイン産生機構の解明

胚ー母体間の妊娠認識に関わるサイトカイン産生機構の解明

課題番号1994000857
研究機関名畜産試験場(畜試)
研究期間新H06〜H08
年度1994
研究問題家畜の繁殖機構の解明と増殖技術の開発
大課題雌畜の繁殖機構の解明と制御技術の開発
中課題繁殖機能の発現機構の解明
小課題胚ー母体間の妊娠認識に関わるサイトカイン産生機構の解明
摘要哺乳動物の胚発生から妊娠成立に至る過程において、卵管や子宮内での胚の存在を母体に知らせ、妊娠成立に関わる物質としてサイトカインがある。サイトカインの生成を、着床前の胚および妊娠成立後の胎膜等を材料として、タンパク質合成及び遺伝子発現の面から調べる。また、胚および子宮内膜上皮細胞の体外培養系を用いたサイトカインの添加試験、サイトカインの生体への投与試験等によって、胚移植後の胚の損耗防止技術の確立のために妊娠認識および維持に関わる機構解明をめざす。
研究分担繁殖・生殖機能研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044163
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat