精子核内におけるクロマチンの形態学的観察

精子核内におけるクロマチンの形態学的観察

課題番号1994000865
研究機関名畜産試験場(畜試)
研究期間新H06〜H07
年度1994
研究問題家畜の繁殖機構の解明と増殖技術の開発
大課題生殖細胞・初期胚の効率的生産と利用技術の開発
中課題生殖細胞の効率的生産と利用技術の開発
小課題精子核内におけるクロマチンの形態学的観察
摘要遺伝情報伝達の担い手である精子の核内には授精後速やかに雌ゲノムに融合するための特有の仕組があると考えられている。精子核特有のクロマチン存在様式を視覚情報に変える方法を検索し、これらの方法が精子の品質判定の新しい指標となりえるか検討する。具体的にはDNAプローブを用いたインサイツ(in situ)ハイブリダイゼーション法や抗核抗体を用いた免疫組織化学的検索を行う。
研究分担繁殖・繁殖1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044171
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat