無担体電気泳動法によるXY精子の分離条件の再検討

無担体電気泳動法によるXY精子の分離条件の再検討

課題番号1994000866
研究機関名畜産試験場(畜試)
研究期間新H06〜H07
年度1994
研究問題家畜の繁殖機構の解明と増殖技術の開発
大課題生殖細胞・初期胚の効率的生産と利用技術の開発
中課題生殖細胞の効率的生産と利用技術の開発
小課題無担体電気泳動法によるXY精子の分離条件の再検討
摘要ウシ精子をX染色体保有精子(X精子)とY染色体保有精子(Y精子)とに分離する実験は産子の性を人為的に支配する目的で古くから実施されている。無担体電気泳動法はX精子とY精子の細胞膜の荷電に差があるという仮説で両者を分離する方法である。最近開発されたXY精子判定法(FISH法)は分離効果の判定を迅速化した。この方法を取り入れ、XY分離効果が認められる最適の電気泳動条件を検索する。
研究分担繁殖・繁殖1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044172
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat