牛のES細胞の培養法の開発(50)

牛のES細胞の培養法の開発(50)

課題番号1994000868
研究機関名畜産試験場(畜試)
研究期間完H03〜H05
年度1994
研究問題家畜の繁殖機構の解明と増殖技術の開発
大課題生殖細胞・初期胚の効率的生産と利用技術の開発
中課題初期胚の効率的生産と利用技術の開発
小課題牛のES細胞の培養法の開発(50)
摘要牛受精卵の培養について細胞培養添加剤MITOの効果を調べた。その結果、無血清条件で成熟・培養した牛卵子を、体外受精後MITOを添加した無血清培養液で培養することによって胚盤胞へ発生することが示された。なお、発生した胚盤胞を血清効果増強剤(MITOM)加培地で培養すると、20%程度が伸長して発生を続けた。
研究分担繁殖・胎生発育研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044174
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat