精子の生存並びに受精能の維持に対する磁場の影響(162)

精子の生存並びに受精能の維持に対する磁場の影響(162)

課題番号1994000980
研究機関名畜産試験場(畜試)
研究期間継H03〜H07
年度1994
研究問題畜産試験研究における基盤的研究の推進
大課題家畜・家禽等の遺伝資源の効率的な保全・利用技術の開発
中課題遺伝資源の保全技術の開発
小課題精子の生存並びに受精能の維持に対する磁場の影響(162)
摘要第1次希釈後の牛精子に5℃で18〜20時間曝磁することによって、凍結・融解後の生存性が対照区に比べ僅かに上まわる傾向がみられた。また、曝磁区の精子は対照区に比べて、より活発な傾向がみられた。凍結時の曝磁は急速凍結ではほとんど影響がみられなかったが、緩徐凍結では曝磁区において優れる傾向がみられた。第1次希釈から第2次希釈までに3時間曝磁した豚精子の凍結・融解後の生存性は、曝磁区が明らかに優れていた。曝磁区の精子は活力の回復が対照区に比べて早く、しかもより活発な運動性を示した。磁束密度による差は不明確であった。
研究分担繁殖・繁殖1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044286
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat