ニホンミツバチとトウヨウミツバチの系統遺伝学的関係の解明(168)

ニホンミツバチとトウヨウミツバチの系統遺伝学的関係の解明(168)

課題番号1994000985
研究機関名畜産試験場(畜試)
研究期間継H04〜H08
年度1994
研究問題畜産試験研究における基盤的研究の推進
大課題家畜・家禽等の遺伝資源の効率的な保全・利用技術の開発
中課題遺伝資源の利用技術の開発
小課題ニホンミツバチとトウヨウミツバチの系統遺伝学的関係の解明(168)
摘要筑波及び長崎県対馬のニホンミツバチのミトコンドリアDNAの制限酵素地図を作成したところ、対馬のニホンミツバチのみに見られる制限酵素認識部位が存在した。これらの制限酵素の認識部位は韓国のトウヨウミツバチでも報告されているので、対馬のニホンミツバチは韓国のトウヨウミツバチと遺伝的に近縁である可能性が示された。また、セイヨウミツバチのミトコンドリアDNAの塩基配列を参考にDNAプライマーを設計しPCR分析を行ったところ、ニホンミツバチ及び韓国とフィリピンのトウヨウミツバチでDNAを増幅することができた。これら増幅したDNAの間でフラグメントの大きさの地理的変異はなかった。
研究分担育種・育種3研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044291
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat