蚕品種の特性解明及び適性検定(5)

蚕品種の特性解明及び適性検定(5)

課題番号1994003410
研究機関名蚕糸・昆虫農業技術研究所(蚕糸昆虫研)
研究期間継H02〜H99
年度1994
研究問題昆虫等の遺伝情報発現機構の解明と制御・利用技術の開発
大課題昆虫等の遺伝素材の収集・評価と管理技術の開発
中課題遺伝素材の収集・管理技術の開発
小課題蚕品種の特性解明及び適性検定(5)
摘要蚕糸・昆虫農業技術研究所の育種関係研究室で育成した蚕品種について交雑種の適性検定および特性解明を行い、農林委託蚕品種性状調査提出候補品種を選定する。5年度は普通品種6(春3、晩秋3)、広食性品種5(春3、晩秋2)について飼育を行った。春蚕期ではHN92×中150号が解舒率にやや難点はあるものの、繭糸長2026mと優れた特徴を有し、繭の量的形質ではすべて対照品種を上回る成績を示した。また日201号×BCS12も総じて対照品種を上回る成績を示し、バランスの取れた品種であった。夏秋蚕期ではTNS102×TCS4が欠点もなく、大部分の量的形質において対照品種を上回っていた。広食性品種では通年用として提出された日506号・日201号×中602号・BCS24Aにおいて従来の広食性品種の欠点が改良されていた。
研究分担松本・養蚕技術研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044302
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat