発生初期の昆虫卵におけるイオンチャンネルの特性解明

発生初期の昆虫卵におけるイオンチャンネルの特性解明

課題番号1994003462
研究機関名蚕糸・昆虫農業技術研究所(蚕糸昆虫研)
研究期間単H05〜H05
年度1994
研究問題昆虫等の生体機能の解明と制御・利用法の開発
大課題昆虫等における情報の受容・伝達・応答機構の解明と利用法の開発
中課題刺激の受容・処理機構の解明と利用法の開発
小課題発生初期の昆虫卵におけるイオンチャンネルの特性解明
摘要本課題の目的は、未受精完成卵のミクロソームのイオンチャネル活性を調べ、家蚕卵の発生過程、特に受精に関わる卵細胞内情報伝達機構を解明する事である。ミクロソーム回収方法を確立するため、卵のホモジネートを遠心分画し、超遠心で得た沈澱を透過型電子顕微鏡で観察した。検鏡の結果、この沈澱には脂肪滴や顆粒が混入しているものの、膜小胞を主成分としたミクロソームであることが判明した。さらに、リン脂質平面二重層膜再構成法により、ミクロソームにおけるチャネル活性が確認された。以上から、チャネルを介した情報伝達機構の存在が示唆された。なお、ミクロソームの小胞の由来を調べるためには、標識酵素による検定が必要とされる。
研究分担加工利用・計測制御研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044354
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat