細胞融合による桑の属間雑種作出(108)

細胞融合による桑の属間雑種作出(108)

課題番号1994003523
研究機関名蚕糸・昆虫農業技術研究所(蚕糸昆虫研)
研究期間完H01〜H05
年度1994
研究問題用途別繭の効率的生産技術の開発
大課題桑新育種法の確立と優良品種の育成
中課題新育種法の確立と育種素材の作出
小課題細胞融合による桑の属間雑種作出(108)
摘要クワではプロトプラストからの再分化技術のみならずカルスからの再分化技術も確立されていない。細胞融合を成功させるためにはカルスからの再分化技術の開発が必要である。クワでの唯一の安定した再分化系として冬芽から摘出した葉を培養して不定芽を形成させる手法があり、この系を用いて再分化の最適培地条件を7種のサイトカイニンと10種の糖について検討した。サイトカイニンについてはこれまでも不定芽形成に用いられてきたベンジルアデニンおよびベンジルアデエニンリボシドで不定芽形成率が高かった。糖についてはフラクトース、シュークロース、グルコースで高い不定芽形成率が認められた。
研究分担生産技術・桑育種工研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044415
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat