クワの種・属間接木による新育種素材の作出(110)

クワの種・属間接木による新育種素材の作出(110)

課題番号1994003525
研究機関名蚕糸・昆虫農業技術研究所(蚕糸昆虫研)
研究期間完H03〜H05
年度1994
研究問題用途別繭の効率的生産技術の開発
大課題桑新育種法の確立と優良品種の育成
中課題新育種法の確立と育種素材の作出
小課題クワの種・属間接木による新育種素材の作出(110)
摘要クワの新しい育種素材を作出するため、クワとコウゾとの種・属間接ぎ木を行った。瞬間接着剤による接ぎ木はいずれも活着しなかったが、コウゾにクワを接ぎ木した場合にはクワに自根が発生し、約50cmまで生長した。クワにコウゾを割接ぎした場合、1個体は2カ月程度生存し、6開葉まで発育した後台木が枯死した。クワにコウゾまたはコウゾにクワを接ぎ木後10または50ppmのジベレリンを散布した場合、新梢が比較的良く発育したが、活着しなかった。桑の実生を台木として「しんいちのせ」ほか8品種を瞬間接着剤によって接ぎ木した場合にはいずれも70%以上活着し、瞬間接着剤による接ぎ木は可能と判断された。
研究分担生産技術・桑育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044417
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat