クワの花器培養による育種素材の作出

クワの花器培養による育種素材の作出

課題番号1994003527
研究機関名蚕糸・昆虫農業技術研究所(蚕糸昆虫研)
研究期間新H06〜H08
年度1994
研究問題用途別繭の効率的生産技術の開発
大課題桑新育種法の確立と優良品種の育成
中課題新育種法の確立と育種素材の作出
小課題クワの花器培養による育種素材の作出
摘要本研究は、クワの花器を種々の条件下で培養することによって従来の交雑育種では作出が困難な有用な変異体や純系を作出することを狙いとするものである。培養には主として雄花穂を用い、花器からの植物体の発生起源の解明を6〜7年度に、また得られた植物体の外部形態、収量、病害抵抗性などに関する調査を7〜8年度に実施する。本研究によって得られた有用な変異体または純系は、画期的クワ品種育成のための素材として活用される。
研究分担生産技術・桑育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044419
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat