条桑収穫機に適応する桑栽培法の確立(137)

条桑収穫機に適応する桑栽培法の確立(137)

課題番号1994003555
研究機関名蚕糸・昆虫農業技術研究所(蚕糸昆虫研)
他機関
研究期間継H03〜H06
年度1994
研究問題用途別繭の効率的生産技術の開発
大課題人工飼料等による低コスト繭生産技術システムの開発
中課題新繭生産技術システムの開発
小課題条桑収穫機に適応する桑栽培法の確立(137)
摘要条桑刈取機(信光式・CHー700)を用いて春切り時における桑枝条径と刈刃にかかる所要労力との関係をトルク計で測定した。春切り時における桑枝の条径は5.6〜28.0mmの範囲にあったが、刈刃にかかる所要労力は条径が10mm未満では0.5Ps前後、条径が10〜20mmでは0.5〜1.0Ps、同20〜28mmでは1.2〜2.0Psであった。以上の結果、春切り時の桑枝は二年枝(古条)のため硬いが、伐採時の所要労力は比較的小さいことが認められた。また、枝条が展開している桑(一ノ瀬)は直立性の桑(しんいちのせ)に比べて収穫機へ送り込めない条桑が多くみられた。枝条を引き寄せる力は条径の太い(しんいちのせ)が(一ノ瀬)より大きいことが認められた。
研究分担生産技術・栽培技術研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044447
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat