強度ストレスに対する植物の生体反応機構の解明(144)

強度ストレスに対する植物の生体反応機構の解明(144)

課題番号1994003560
研究機関名蚕糸・昆虫農業技術研究所(蚕糸昆虫研)
研究期間継H03〜H07
年度1994
研究問題用途別繭の効率的生産技術の開発
大課題蚕桑関連昆虫及び微生物等の特性解明と制御・利用技術の開発
中課題桑病関連微生物の特性解明と制御技術の開発
小課題強度ストレスに対する植物の生体反応機構の解明(144)
摘要5年度はハクサイ、ダイコン、キャベツ、シロイヌナズナのファイトアレキシン(PA)産生条件と化学構造を明らかにした。PAは切断後1日放置した植物切片にPseudomonas cichoriiを接種することによって誘導された。これらPAは硫黄を含む化合物15種であり、その種類と量比は植物の種や器官によって異なった。PA15種の構造が決定され、brassinin等と命名された。そのうち3化合物の抗菌スペクトルが明らかにされた。
研究分担生産技術・桑病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044452
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat