昆虫ウイルス相互による干渉効果の発現機構の解明

昆虫ウイルス相互による干渉効果の発現機構の解明

課題番号1994003567
研究機関名蚕糸・昆虫農業技術研究所(蚕糸昆虫研)
研究期間新H05〜H09
年度1994
研究問題用途別繭の効率的生産技術の開発
大課題蚕桑関連昆虫及び微生物等の特性解明と制御・利用技術の開発
中課題蚕病病原微生物等の特性解明と制御技術の開発
小課題昆虫ウイルス相互による干渉効果の発現機構の解明
摘要昆虫ウイルスによる相互干渉効果を利用した蚕核多角体病の防除法を開発するため、in vivoの系で弱毒ウイルスによる干渉効果発現の指標となる蚕幼虫の形質マーカーの探索を行った。マーカーの選定に当っては幼虫の内分泌系を特徴づけるために、前胸線から分泌される蛋白質組成の経時変化について調査した。その結果、5齢起蚕から熟化まで、前胸線1対当りのDNAと蛋白の含量比はほぼ一定であったが、含有蛋白の構成は経時的に変動することが明らかにされた。
研究分担生産技術・蚕病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044459
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat