特徴ある蚕品種繭の製糸・加工特性の解明−製糸原料繭の物理特性の解明−

特徴ある蚕品種繭の製糸・加工特性の解明−製糸原料繭の物理特性の解明−

課題番号1994003577
研究機関名蚕糸・昆虫農業技術研究所(蚕糸昆虫研)
研究期間新H05〜H07
年度1994
研究問題絹新素材の開発と効率的生産技術の確立
大課題用途別絹新素材の開発と品質評価法の確立
中課題繭糸特性の解明と繭糸質評価法の開発
小課題特徴ある蚕品種繭の製糸・加工特性の解明−製糸原料繭の物理特性の解明−
摘要特徴ある蚕品種繭に対する適正な繭処理技術の確立を図るため、これらの蚕品種繭の物理特性について調査した。特徴ある蚕品種繭の1つである「しんあけぼの」の生繭の形態特性及び物理特性について、従来から広く飼育されている「錦秋×鐘和」と対比して検討した結果、「しんあけぼの」は繭重量、繭層重量、蛹体重量及び繭層量歩合のいずれも「錦秋×鐘和」と比較して小さいことが確認された。また、破風率及び一定厚さ当たりの通気度は「錦秋×鐘和」より大きな値を示し、これは「しんあけぼの」の繭層構造が緻密であるとの特徴を示唆するものと推察した。
研究分担松本・新形質糸研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044469
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat