イチゴ遺伝資源の低温培養による長期保存技術(23)

イチゴ遺伝資源の低温培養による長期保存技術(23)

課題番号1994001523
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間完H03〜H05
年度1994
研究問題遺伝資源の利用と育種
大課題遺伝資源の導入・利用
中課題遺伝資源の保存と利用技術の開発
小課題イチゴ遺伝資源の低温培養による長期保存技術(23)
摘要イチゴ遺伝資源を小面積・省労力かつ安全に長期保存する方法を確立した。本法では、保存中の変異発生を抑制するため、大きめの茎頂組織(0.5〜1.0mm)とホルモン無添加のB5培地を、また植物体の生長を抑制するため、密閉小型培養容器(内径12mm、内高30mm、培地量1ml)を利用する。25℃・明条件下で茎頂組織を活着させた後、5℃・明条件に移すことにより移植なしで4年以上の保存が可能である。老化・褐変の見られる場合には、健全部分を2〜3節に切り分け、茎頂置床時と同様の条件で培養する。これまでのところ、長期保存後の株に明らかな変異発生を認めていない。本法は育種等のためにイチゴ遺伝資源を保存している研究機関等での活用が見込まれる。
研究分担久留米・育種2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044519
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat