チャ遺伝資源の維持・利用のための効率的増殖技術の開発(37)

チャ遺伝資源の維持・利用のための効率的増殖技術の開発(37)

課題番号1994001536
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H04〜H06
年度1994
研究問題遺伝資源の利用と育種
大課題遺伝資源の導入・利用
中課題遺伝資源の保存と利用技術の開発
小課題チャ遺伝資源の維持・利用のための効率的増殖技術の開発(37)
摘要挿し木に適した部位が得にくいサザンカの1系統および発根が著しく悪いビルマベビーを用いて発根促進を検討した。また、秋期における挿し木の発根促進を検討した。サザンカ、ビルマベビーでは完全に硬化した一番茶新梢を採取し、挿し木前に切り口付傷処理、IAA浸せき+切り口付傷処理を行った。秋挿しではアッサム系統を用い、付傷処理、オキシベロン粉衣、オキシベロン粉衣+付傷処理、IAA潅注処理を行った。サザンカ、ビルマベビーについては付傷処理が発根率、根量、平均根長において優れていた。秋期挿しではオキシベロン粉衣+付傷処理での発根が優れていた。一方、長時間のIAA浸せきは切り口の組織の活性低下を引き起こすと考えられた。
研究分担久留米・育種素材研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044532
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat