スイカ染色体地図作成とDNAマーカーの利用

スイカ染色体地図作成とDNAマーカーの利用

課題番号1994001573
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
他機関萩原農場【橋詰利治】
研究期間新H05〜H06
年度1994
研究問題遺伝資源の利用と育種
大課題育種方法及び育種素材の開発
中課題遺伝子操作による新育種素材作出技術の開発
小課題スイカ染色体地図作成とDNAマーカーの利用
摘要スイカの染色体地図作成とDNAマーカーの利用を目的とし、スイカ品種系統を交配し、DNA分析を行う。スイカ栽培品種H−7と、固定系統S−1、そのF1及びこれをS−1に戻し交雑したBC(70個体)を材料とし、RAPD分析を行った。増幅されたバンド間および形態的形質との連鎖についてはMapmakerによって解析した。PCRの結果、H−7とS−1を識別できるプライマーが51種類得られ、H−7に特異的なバンドは合計92本であった。このうちマーカーとして利用できるものが50本得られた。この50本のマーカーの戻し交雑集団における分離を分析した結果、40本のマーカーが10の連鎖群に分類され、連鎖地図上の位置が決定された。またスイカの表現型のうち果皮の濃緑縞模様と連鎖しているマーカーが得られた。
研究分担野菜育種・育種1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044569
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat