種子繁殖性野菜の大量増殖法の開発(82)

種子繁殖性野菜の大量増殖法の開発(82)

課題番号1994001579
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間延H03〜H08
年度1994
研究問題遺伝資源の利用と育種
大課題種苗の大量増殖技術の開発
中課題組織・細胞培養による大量増殖技術の開発
小課題種子繁殖性野菜の大量増殖法の開発(82)
摘要4年度レタス子葉からの不定芽増殖法を検討した結果、増殖は容易であるが増殖率が低いこと及び苗化時の労力がかかることがわかったので、今後は簡易かつ低コスト生産技術を開発する必要がある。5年度は体細胞胚誘導による増殖条件を確立するため、体細胞胚形成能のあるカルスの誘導条件について検討した。子葉から誘導したカルスは旺盛な増殖を示したが再分化能が低かった。また、カルスは継代回数が増す毎に不定芽形成能が著しく低下することが明らかになった。今後体細胞胚を誘導するため、エンブリオジェニックカルスの誘導について培養器官・組織やホルモン条件等の検討が必要であるので期間を延長して継続研究する。
研究分担野菜育種・種苗工学研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044575
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat