イチゴ品種の生態的特性(89)

イチゴ品種の生態的特性(89)

課題番号1994001586
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H03〜H08
年度1994
研究問題遺伝資源の利用と育種
大課題野菜品種の育成
中課題品種生態及び遺伝様式の解明
小課題イチゴ品種の生態的特性(89)
摘要イチゴの実生苗における四季成り性個体の早期選抜法を確立するために、四季成り性品種を交雑した実生苗の四季成り性出現に及ぼす日長の影響を検討した。交雑実生苗のうち、四季成り性実生苗の開花は、長日(16hr日長)条件では遅くとも展開葉数25枚、播種後33週の苗齢までには起こり、光中断(16hr日長+4hrの光中断)条件でさらに早まった。長日もしくは光中断条件で実生苗を養成することで定植前の育苗期に四季成り性個体を選抜できるものと考えられた。
研究分担盛岡・育種2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044582
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat