ウリ類の低温寡日照耐性育種(110)

ウリ類の低温寡日照耐性育種(110)

課題番号1994001610
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
他機関技会
研究期間完S61〜H05
年度1994
研究問題遺伝資源の利用と育種
大課題野菜品種の育成
中課題不良環境耐性育種
小課題ウリ類の低温寡日照耐性育種(110)
摘要ネパールから導入した1系統は低温下での伸長が優れ、低温による光合成能の低下も少なく、低温耐性が強いことを明らかした。本系統を用いて低温伸長性の遺伝解析を試みた結果、複数の遺伝子によることが示唆されたが、組合せによって遺伝性が異なり、他の形質の関与が推察された。本系統と‘西濃58号’との交雑後代について低温伸長性を指標に選抜をしてきたが、雌花の着生、果実品質に問題が多く、選抜を中止した。本課題は5年度をもって完了とするが、本課題の目的を達成するためには、耐低温性に関して必要とされる具体的特性の解明など、より基礎的な知見の蓄積が不可欠であるので、遺伝資源特性調査の課題等で継続して検討する。
研究分担野菜育種・育種2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044606
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat