不良環境耐性育種(138)

不良環境耐性育種(138)

課題番号1994001632
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継S62〜H13
年度1994
研究問題遺伝資源の利用と育種
大課題茶品種の育成
中課題温暖地、山間冷涼地適応性品種の育種
小課題不良環境耐性育種(138)
摘要新しく開発した人工接種検定法でチャ炭そ病抵抗性につき検定したところ従来通り、全体としてアッサム系統は抵抗性が極高であり、日本系統は概ね極低無いし低であった。韓国系統に抵抗性高のものが見つかり緑茶育種の素材として有望と考えられた。
研究分担茶栽培・育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044628
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat