ミクロオートラジオグラフィーによるカルシウムの細胞内動態解析手法の開発と生理作用の解明に関する研究(143)

ミクロオートラジオグラフィーによるカルシウムの細胞内動態解析手法の開発と生理作用の解明に関する研究(143)

課題番号1994001639
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間完H01〜H05
年度1994
研究問題生理生態特性の解明とその制御技術の開発
大課題物質代謝機構の解明と制御技術の開発
中課題物質生産機能向上のための代謝機能の解明
小課題ミクロオートラジオグラフィーによるカルシウムの細胞内動態解析手法の開発と生理作用の解明に関する研究(143)
摘要各種生理障害が問題となっているカルシウムについて、ミクロオートラジオグラフィーの手法を確立することによって細胞レベルでのカルシウムの動態および生理作用を解明しようとした。トマトについては、オートラジオグラフィーにより、45Ca施与後1、2、5日の葉および果実への分布を調べた。葉ではCaが維管束を通って葉全体へ分布するが、果実では果頂部にCaが移動しにくく、尻腐れ果発生とCa欠乏との関係が明確となった。ネギは葉中のCaの移動が遅く、先端部への移動に10日間を要した。先端部への移動は高湿条件下では特に遅く、葉先枯れ症の発生にCaの移動が関係していることが明らかとなった。また一度吸収された葉から、他の葉へはほとんど移動しなかった。ネギの表皮細胞を剥離し、ミクロオートラジオグラムを作成した。45Caは導管内、気孔周辺に存在し、表皮細胞内では確認できなかった。したがって、細胞内への移動には多くの時間が必要と考えられる。細胞内の局在性については、さらに詳しい検討が必要である。
研究分担生理生態・代謝生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044635
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat