栄養生理障害発生機構の解明と防止技術の開発(157)

栄養生理障害発生機構の解明と防止技術の開発(157)

課題番号1994001655
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H03〜H08
年度1994
研究問題生理生態特性の解明とその制御技術の開発
大課題物質代謝機構の解明と制御技術の開発
中課題生理障害発生機構の解明と防止技術の開発
小課題栄養生理障害発生機構の解明と防止技術の開発(157)
摘要定性ろ紙の浸漬液は、各種の野菜根を伸長させ、その影響は特にレタスで大きかった。定性ろ紙に含まれる根伸長活性物質は、25℃以上、0.5〜1時間でほとんど抽出された。定性ろ紙を通常の使用法でろ過した蒸留水でさえも、レタス根を伸長させた。2社の製品で確かめたところ、両方とも定性ろ紙の浸漬液はレタス根を伸長させたが、定量ろ紙のそれは伸長させなかった。その物質は、水溶性、エタノール不溶性、低分子であり、トマトのシュート再生も促進した。これらの結果から、定性ろ紙は作物根を伸長させ、トマトのシュート再生を促進する物質を含むこと、根伸長現象は、通常のろ過を行ったろ液でも起きることが明らかになった。
研究分担生理生態・ストレス研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044651
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat