生態反応の制御による野菜の新栽培型の開発(186)

生態反応の制御による野菜の新栽培型の開発(186)

課題番号1994001683
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H05〜H07
年度1994
研究問題生理生態特性の解明とその制御技術の開発
大課題生態反応の解明と制御技術の開発
中課題生態反応要因の解明と制御技術の開発
小課題生態反応の制御による野菜の新栽培型の開発(186)
摘要近年、花き園芸分野で茎の伸長制御に利用されている昼夜の気温差(DIF=昼温−夜温)の野菜苗への応用の可能性について、キュウリ及びカボチャ苗を用いて検討した。キュウリ胚軸長とDIFとの間には高い相関関係が認められたが、カボチャ胚軸長との間には有意な相関は認められなかった。高い相関関係が認められたキュウリにおいても、管理温度によってDIFの効果は異なり、明暗期気温14、22、30℃の組み合せでは相関が弱くなり、22、30、38℃の組み合せでは相関が強くなった。従って、DIFをキュウリ苗の胚軸長制御に利用する場合には、気温を適切な範囲に保つことが重要であると解った。
研究分担生理生態・生態反応研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044679
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat