高度機械化・省力化作業に適合した果菜類の新栽培様式の開発

高度機械化・省力化作業に適合した果菜類の新栽培様式の開発

課題番号1994001688
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間新H06〜H08
年度1994
研究問題生理生態特性の解明とその制御技術の開発
大課題生態反応の解明と制御技術の開発
中課題生態反応要因の解明と制御技術の開発
小課題高度機械化・省力化作業に適合した果菜類の新栽培様式の開発
摘要生食用トマトの栽培では、果実が逐次収穫期に達するため、収穫作業が連日続き、農家にとっては大きな負担となっている。また、このような着果特性から、収穫機の開発・導入が著しく困難となっている。そこで、一斉機械収穫の導入を前提とした生食用トマトの新栽培様式(1段摘心密植栽培)を開発する。初年目は品種選定と育苗法の改善、2年目は側枝利用と腋芽発生防止技術、3年目は樹上成熟斉一化技術の開発を行う。本研究の推進により、果菜類の機械化・省力化対応栽培様式のプロトタイプが開発される。また、育苗、定植、整枝等の機械化と結び付けることにより、トマト生産の機械化一貫体系が確立できる。
研究分担生理生態・生態反応研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044684
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat