被覆環境下における野菜の生長の解析(209)

被覆環境下における野菜の生長の解析(209)

課題番号1994001710
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H05〜H08
年度1994
研究問題高位生産技術の開発
大課題施設内の機械・装置化、資材利用による生産技術の開発
中課題新資材・装置の特性解明と利用技術の開発
小課題被覆環境下における野菜の生長の解析(209)
摘要被覆環境下では、日射や温湿度などの環境条件を人為的にかえることができ、作物の生育や伸長を調節することができる。このような環境下で生長や伸長のメカニズムを解析し、被覆資材等を利用した環境調節法を検討する。被覆資材による遮光を行うとトマトの伸長速度が増加するが、生長モデルによる解析の結果、蒸散が減少し水分ストレスが低下することが主な要因であるとことが示された。そこで、噴霧耕によって水分ストレスを加えることによって伸長や茎径の肥大速度の計測を行った。日射が1cal/cm2に対して、16秒と8秒の噴霧の比較を行った。前者のは、0.5mm/day、後者は0.1mm/dayの茎径肥大速度であった。この結果は、シミュレーションの結果と一致した。さらに、0.25mm/dayの肥大速度になるように目標値を定め、噴霧制御を行った結果、7日間の実験ではあったが、目標通りの制御を行うことができ、水分の制御による肥大生長制御が可能であることが明らかとなった。
研究分担施設生産・資材利用研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044706
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat